引越しの相場が最短でわかります!

引越料金の相場って気になりますよね。引っ越しにかかる費用の内訳を見てみると、引越料金の中には、人件費や交通費、トラック代などが含まれています。当然、引っ越す人数や家族構成によっても値段がかわってくるし、引越の距離によってもだいぶ相場は異なります。近距離で単身の場合だと、平均で4万円、単身で遠距離だと15万円。家族の場合で近距離だと6万円、家族で遠距離だと20万円程度が大体の平均相場です。ただし、人によって引越の荷物や条件が異なるためこれも一概にはこの値段とはいえないので、一度、2,3社程度の業者に引越しの見積もりをとってみて、それから一番安い業者に引っ越しをお願いするのが一番手っ取り早いと思います。

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる


<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる秋の引っ越し、すぐ引越しをしたい人、急いで引越をしたい人。いろいろな事情があるト思います。引越しって、最初は面倒ですし、結構、引越料金だけでもバカになりません。実は、引越業者のいう、値段なんてあってないようなものですから、安く値切ると意外とまけてくれるものです。管理人も以前、引越するときに、5万の見積もりが他社の引っ越し見積もりを見せたら、半額の2万5千円になったことがあります(笑)

というわけで、出来るだけ引っ越し費用を抑えつつ安く引っ越すのが賢い引越のやり方です。管理人が良くやるのは、いくつかの引越業者から見積もりをとって、一番安い業者を選ぶやり方です。そして、もう少し手間をかけて安く引っ越すなら、一番安かった見積もりを持って、2番目に安い業者に値切れるか交渉する方法です。1番目と2番目に安い業者の差がそんなになければ、さらに安くしてくれることがあります。この場合は、できるだけ春の引っ越しシーズンなどは避けたほうが良いと思います。

下記に、管理人が良く使う格安引越社を紹介しますので、ご参考にしてください。


から本日までに引越を検討した人は33名いました。
引越し侍
最近、テレビのCMでも良く見かけるのが引越侍です。また利用したいが925.2%と満足度が高く24時間いつでも引越し見積もりの依頼ができるのが良いですね。無料サービスなど、お得な特典も受けられるのもポイント高いです。大手から地域までいろいろな業者がそろっているので、引越業者選びには、最適かと思います。

実際に業者を見てみると、アリさんマークの引越社やアーク引越センター、サカイ引越センターなどの大手と地域に特化したの人力引越社、安全輸送引越サービスなどランキングもわかれていますね。190社以上の引越社があるので、最安で自分の条件にあった引越屋さんを見つけるのにはちょうど良いかと思います。

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる

タダで運ぶゾウ
タダで運ぶゾウという最近でてきた引越一括見積もりサイトです。後発というだけあって、かゆいところに手が届くサイトになっていますね。特に、電話見積もりとメール見積もりを分けて見積もりの依頼ができるところは、いいなと感じました。しかも、つうじょうの引っ越し見積もりだといろいろな業者から電話がかかって来ることが多いです。

しかしタダで運ぶゾウは、見積もりを代わりに代行してその中から厳選した引越社を1社選んでくれるというサービスになっています。提携している業者はそんなに多くないので、たぶん比較条件は限られてしまうと思いますが、有名どころと中堅どころが入っているので安心して引越見積もりをしてよいと思います。
<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる

引っ越しの費用について

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる引っ越しの費用というのは、それなりの費用がかかってきますが、業者にはバラつきがあります。荷物の量や引越し先までの距離、時期によって大きく変わります。荷物の量で作業員の人数やトラックの大きさが変わり、距離が長いと費用もそれだけ高くなります。引越し費用の内訳を見ると、基礎運賃、実費、サービス料で構成されています。引越し費用は通常、これらを総合して算出されます。基礎運賃以外に実費やサービス料がかかるところがあるので要注意です。 実費とは、引越作業員人数分の作業料や梱包資材料、有料道路等利用時の交通費などで、サービス料とは、エアコンの取り付け、取り外し、ピアノの運送、自動車やバイクの輸送などです。引っ越しの費用を算定する時は、見積もりを取りますが、実際に料金の相場がわからないと高いか安いかの判断がつきません。そこでおすすめのが、引越しの見積もりサイトです。これを利用すれば、引越し費用の相場を把握することができます。引越し費用の相場は、時期や条件によって数万円〜数十万円の差が出ることもあるので、馬鹿にはできません。引越し料金を安く抑えるには、同じ条件で複数の引越し業者に見積もりを取るのが一番です。

引っ越しの見積もりについて

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる引越しを引越し業者に依頼する場合には、事前に引越し業者に見積もりをとって契約をする必要があります。この引越しの見積ですが、実は一社にのみ依頼をすると、以外に高い金額の見積を提示されることが多いようです。引越しの見積をする時には、できれば複数の会社に依頼をした方が、リーズナブルに引越しを行うことが出来ると言われています。引っ越し料金というのはあまり「相場」のようなものがなく、引越しの規模、距離、日付などによって大きく異なってくるようです。
また、引越し業者のサービス内容によっても引っ越し料金は大きく異なってくるため、複数の会社で見積もりをしてもらい、さらに行ってくれるサービスによってどのような金額が掛かってくるのかの明細を見積もりに表示してもらうことで、必要なサービスと不要なサービスを分けることができます。一人で何件もの会社に見積もり依頼を行うのはとても大変ですが、インターネットの引越し一括見積もりサービスのサイトなどを利用すると手間なく複数社へ引越し見積もりを依頼することができるようですので、おすすめです。

引っ越し業者について

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる 引越しには引越し業者がつきものですが、依頼するメリットは、引越しのプロなので仕事が早くて丁寧であるところです。また、家族、単身、女性、お年寄りなどそれぞれに合ったプランが用意されているので、都合に合わせてプランを選ぶことができます。荷物や建物に対して保障がしっかりしているので安心感もあります。引っ越し業者には、オプションサービスがあり、エアコン、アンテナ、電気製品の取付け、取外し、ピアノや電子オルガンの輸送、荷物の保管など便利なサービスがあります。また、引っ越しに関する電気、ガス、水道などの手続きを代行してくれる、手間を省くのに役立つサービスもあります。
こうしたサービスは、別々の業者に依頼するよりも安く済む場合があるので、見積もりの時に積極的に相談してみることです。利用することで、大きなコストダウンにつながることがあります。引越し業者には、デメリットもあり、それは費用が高くつくことです。また、早めに引越し日を決めないと希望の日が取れない可能性があります。そして、引越し業者選びに失敗すると、大変な引越しになってしまう恐れがあるので、業者を選ぶ際は、慎重に検討する必要があります。

<引っ越しの相場知ってます?>ちょっとした工夫で引越料金が安くなる

3.11の大地震で引越しを決めました

横浜から八王子に引っ越しました。横浜では、場所を言えば皆が羨ましがる立地のアパートに住んでいました。徒歩圏内に駅や中華街、山下公園、港の見える丘公園、元町商店街がありました。スーパーがやや遠いところや、ほぼ観光地の為飲食店が早い時間に閉まってしまう事が難点でしたが、それを差し引いても十分魅力的な場所に住んでいました。いつも仕事帰りに山下公園で妻と待ち合わせて、海に面したベンチでコーヒーを飲みながら色々と話をしたのを覚えています。みなとみらいの夜景と海を見ながら、二人で過ごした時間は贅沢な一時でした。そんな思い出のある横浜を離れるきっかけになったのは、3.11の震災でした。横浜も大きく揺れたものの、アパートは被害はありませんでしたし、周りの建物も大丈夫でした。
少し古いビルの外壁が剥がれたりしましたが、大きい被害はありませんでした。でも、3.11で地震だけでなく、それで引き起こされる津波の怖さを知りました。関東で大きな地震が数年以内に来るというニュースが出始めた頃に、これは海から遠ざかろうと決めました。仕事もあるので、通勤しやすく且つ地盤の硬い所を探した結果、八王子に良い物件を見つける事ができ、地震から半年経たずに引越しました。ネットで色々なサイトを見ましたが、ホームズで見つける事ができました。引越しは友達がアート引越センターに居た為頼みました。八王子はなんといっても物件が安いので、横浜に居た時より広いマンションにしました。
築浅で日当たりも良く、駅からさほど離れていません。緑がたくさんあり、ベランダから富士山が見えるんです。その眺めの良さが一番の決め手かもしれません。八王子は横浜の時から比べれば不便ですし、お洒落なスポットもありません。田舎です。でも、今後子育ても見込んだ上で引越ましたし、何より地震が来ても安心な場所だと思います。あの地震がなければ、もしかしたらまだ横浜に住んでいたかもしれません。